おまとめローンを成功させるポイント

おまとめローンを成功させるためには、まず金融機関の審査でチェックされるポイントをしっかり押さえておくことが大切です。
金融機関の審査では様々な点をチェックしますので、その点を把握しておけば対策も立てやすくなるでしょう(http://www.centrejc.org/参照のこと)。
金融機関のチェック事項ですが、まず年収があります。
実際におまとめローンに成功した人たちの中には、この年収が最も大切だという意見が多いです。
これは、借金というものは、本人の収入の中から返していくものだと言う考えから来ています。
年収が高いと余裕があると見なされ、返済も問題なくできるだろうと判断されやすいようです。
反対に、年収の低い方は返済の件を問題視される可能性がありますので、他の要素でアピールするなどの工夫が必要です。
次に、職業、勤務形態、勤務先などです。
これらの事項は、金融機関によっては年収以上に重要になることがありますので、注意しておく必要があります。
例えば、契約社員、派遣社員。
アルバイトやパートタイマーなどの非正規雇用の方は、いつ失業をしてしまうか分かりません。
正社員と比べてリスクが高いので、実際の融資額にも限が出てくる可能性があります。
また、自営業の人も要注意です。
自営業者は雇用保険がありませんので、失業すると無収入になってしまうからです。
そのため、おまとめローンを組む時は、仕事の将来性をしっかりアピールすることが大切です。
その他に、他の金融機関からの借入状況などもありますので注意しておいてください。

おまとめローンに成功させるためには、延滞の記録にも注意しましょう。
例えばクレジットカードの場合、1回でも延滞をすると、個人信用情報機関にその履歴が残ります。
この履歴が残ったままおまとめローンの申請をしても、落とされる可能性が高いと言えます。
金融機関は申請者の事故歴をしっかりチェックしますので、延滞など1つでも事故歴があると信用がなくなります。
そのため、過去に事故歴がある方は、それが消えた後に申請するようにしましょう。
このクレジットカードの支払い記録は24ヶ月分だけが保存され、その24カ月間に他の事故がなければ延滞の記録は消えます。
これはクレジットカード以外のローンも同じであり、最短で24カ月で事故歴を消すことができるのです。
ですので、可能であれば24カ月経過した後に申請することをオススメします。
しかし、24回払いのケースはこの方法を使用できませんので、注意してください。
ローンの支払いしている方は、日頃から資金管理をしっかりしておくことが大切です。
おまとめローンを申請する時は、以上の点に注意しておきましょう。