年金受給者がお金借りる方法

お金にがピンチになるのは、老若男女関係なく誰もがなる可能性を持っています。
すぐにお金借りる事が出来るキャッシングにお世話になる人が多いのですが、お金借りる為には返せる事が前提です。
その為金融会社は債務者に返済能力があるのか、勤務状況や収入証明等を用いてしっかり審査します。
では無職な人はどうなるのかと言うと、結論から言えば収入があれば借りられます。
不労所得があれば借りられるという事ですが、法律で年収の3分の1までしか借入が出来ないと決まっているので無収入では不可です。
しかしこの収入に年金受給者は、当てはまらないです。
なぜなら年金を担保にお金借りる事は法律で禁じられているので、他にパートや不労所得等の収入がないと年金受給者はお金を借りれないです。
しかし他に収入があったとしても、年金受給者の場合若い人より死亡のリスクが高いと懸念する金融会社があります
なので年金受給者は借入の前に、金融会社に今の条件で貸してくれるのかを確かめた方が良いです。
基本的に金融会社の繋がりは強いので、断られた場合履歴が共有される事があります。
その場合他社が断ったとして、他の金融会社にも警戒される可能性があるからです。