個人再生をしてもお金借りることができる消費者金融はあります

個人再生をすると消費者金融からはお金借りることが難しくなってしまいます。
申し込みのときの審査でほとんど落とされてしまうので信用情報機関で5年以上経たないと通常は断られます。
個人再生というのは収入があって自力で返す意志のある人を救済するものなので完済を目指すことが出来ます。
しかし裁判所を通して支払い額を減額するので信用情報機関にはその記録が残ってしまいます。
新たにクレジットカードを作ってお金借りることができるまでは最短で5年は必要になるのでしばらくは我慢した生活しなければなりません。
お金借りることは絶対無理かといえば、審査の甘い消費者金融もあるので独自で審査を行っている所なら債務整理をしても申し込み出来ます。
個人再生した後に借りられる消費者金融は他よりも金利が高めですが法律で定められた範囲内なので安心して借りられます。
万が一支払いが滞っても破産とは異なるのでまた手続きを行えます。
破産して免責決定された場合は7年間破産ができなくなってしまうので、個人再生で手続きをすれば7年経たなくても借金を減らすことが出来ます。
個人再生しなくても支払いの遅延があるとブラックになってしまいますが、審査の甘い所ならブラックでも貸してくれる消費者金融はあるので諦めずに探すと見つかります。